諸崎浩幸のニュースブログ~国内~

諸崎浩幸です。日本で日々いろんな出来事・ニュースを見てぼんやり考えることを、この場で吐き出して行きたいと思っています。

諸崎浩幸も好きなせんべいのお店

諸崎浩幸はせんべいも団子も好きです。

手焼きせんべい店「神楽坂地蔵屋」が神楽坂通りに新しい店をオープンさせています。

 

本店は神楽坂通りから奥まったところにあるため、なかなか人に触れないこともあって、今回この場所の出店に至ったそうです。そして、メニューも無添加の手焼きせんべい、みたらし団子、しょうゆ団子などの商品が店頭で手焼きされていると言うことです。

 

このほかにももソフトクリームやシフォンケーキなど多彩なものが販売されているみたいです。本店には無いものを出していきたいということで、諸崎浩幸としては意欲を感じますし応援もしたいです。

休日にぶらっと立ち寄ってみたいお店だなと思いました。神楽坂に訪れる機会があったらこのお店の団子を食べてみたいものです。

諸崎浩幸の思うビットコインについて

諸崎浩幸は電気料金は通帳引き落としで払っています。

そんな電力ですが、仮想通貨のビットコインで支払うことが出来るようになるみたいです。サービスの開始は11月と言います。

 

支払いが可能なのは、LPガス販売の三ツ輪産業の子会社である「イーネットワークシステムズ」との契約になります。電気料金はビットコインに換算されて、レジュプレスの提供するビットコインの取引口座からの引き落としになると言うことです。

 

これはレジュプレスの口座を持っている人の新規獲得を狙うと言うものです。結局仮想通貨と言ってもその通貨を購入するためにお金がかかるわけですから、普及するのかはまた別問題になるのかなと思います。

諸崎浩幸としては、ビットコインで支払うことに大きなメリットが欲しいところです。

諸崎浩幸の考える違法動画

諸崎浩幸は映画が好きで昔の作品は割とよく見ます。

 

そんな映画のひとつに「君の名は」というものがあります。この作品の制作委員会は、違法動画を視聴しているユーザーに対して警告リプライを送るアカウントを作ったそうです。

 

確かに動画は違法という言葉は昔からよく聞かれます。実際に罰せられたというケースはまれですが、1人1人にリプライを送るというスタンスがあって、反対に視聴のためのURLが知られてしまうというリスクもあると言われています。

 

ただ、諸崎浩幸は思います。違法は違法ですが、お金をいくら払ってでも見たくなるような映画を作って欲しいと思います。少なくとも最近の映画にはそのような魅力が感じられないです。

これならお金を払えるよっていうくらいのものをぜひ作って欲しいと思います。

諸崎浩幸が思うオリンピック

諸崎浩幸も当然見ました。

五輪は心技体が問われる場所ですから私としてはとても好きなのです。そんなリオ五輪が終わって、パラリンピックを含めた体操選手の金メダルの報告会が日体大で行われました。

 

今回は団体種目で金メダルが取れたということもあって、内村航平選手をはじめとした選手たちは多くの人たちから祝福を受けたみたいです。

 

オリンピックというのは、メダルはあった方が良いと思いますが、そこに至るまでの努力、本番でどれだけ力を出すことが出来たのかが全てだと諸崎浩幸は思います。やってる選手はメダルは欲しいでしょうけど、代表として出てその勇士を私たちに見せてくれたことに対して深く感謝をしたいです。

 

そして、次はどんな選手が出てくるかすごく楽しみですね。

諸崎浩幸と芸能人のエール

諸崎浩幸はあまりきれいごとが好きではありません。

タレントの山口もえとお笑いの品川庄司庄司智春フリーアナウンサー小林麻央に励ましの言葉を贈っています。

 

小林麻央さんと言えば、最近がん闘病をしていることを明かしています。こうしたニュースは誰もが知るところですが、こうした知らせに対してたくさんの芸能人の人が触れているわけです。この2人もそんな中の2人ですね。

 

実際、こうしたエールは本人に勝手に送って別に何も言わなくてもいいと思っています。私はこんなにいい人ですよってアピールしているみたいであんまり好きにはなれません。黙ってやって、後から本人が感謝の言葉を口にして初めて価値が出るのかなって思っています。

ちょっと辛口ですけど、諸崎浩幸は少なくともそう思います。

諸崎浩幸とゴジラ

諸崎浩幸は初代からゴジラを見ているわけではないですが、リアルタイムに劇場公開されるゴジラは見てきました。

最近、シン・ゴジラという作品が登場しているのですが、その第2形態を模したアイスがナンジャタウンに登場しています。

 

本体はチョコレート、胴体はコーヒー味のアイスクリームといったように、ゴジラですけどしっかりデザートしています。こちらの登場によって、それまで販売されていたメニューは販売終了になっているみたいです。

 

そもそも、これはナンジャタウンの20周年を記念したイベントで販売されているものです。諸崎浩幸はそこまでデザートは好きじゃないのですが、こうした記念的なものであれば一度は食べてみたいと思いますね。

広告を非表示にする

諸崎浩幸の考える漫画実写化

諸崎浩幸は、漫画も割と読みます。

そして、ジョジョの奇妙な冒険と言えば、私の青春時代の漫画でもありました。そんな作品が実写になるそうです。

 

今回は第4部が実写化になるそうです。ちょうど良く読んでいた時期にあたるところですから、漫画の雰囲気をしっかりと出して欲しいと思っています。アニメもちょうどやっていますし、それに負けないようにして欲しいです。

 

ただ、人気アニメの実写化は総じて失敗に終わるケースが多いです。やはり再現が難しい上に、再現してもチープに感じられることが多いのです。特にスタンドを使うシーンなんかはうまく再現できればいいなと思います。諸崎浩幸としては、漫画の実写は失敗するという法則を見事に打ち破って欲しいです。

諸崎浩幸も驚きのタッグ

諸崎浩幸は実はあまりアイドルには興味はありません。

最近ブームのアイドルグループだって、ニュースになる以外はそこまで注目はしません。

 

そんなアイドルを牽引している秋元康avex松浦勝人がタッグを組んで劇場をプロデュースするというじゃないですか。音楽業界をさまざまな形で牽引した2人がタッグを組んで何かをするというのは驚きです。アイドルがavexテイストの入った歌を歌いながら何かするとか・・・そんな感じですかね。

 

そして、何よりもこの2人はレコード会社が違います。

私の場合はこれで売れたときの利益配分はどうなるのだろうとか考えてしまうタイプですが、何が起こるのかというのを考えると、諸崎浩幸的には楽しみなところはありますね。

諸崎浩幸も注目の浦島太郎

諸崎浩幸は毎年紅白を見ています。

最近はいろんな歌手が出ているのですが、今年はとうとう浦島太郎が登場するという噂が流れています。浦島太郎と言えば、昔話の主役ですが、その正体とは?

 

その正体は俳優の桐谷健太さんです。彼が有力視されているわけで、実際に歌われているCMソングは100万ダウンロードに手が届こうというところのようです。話題性も十分ということで起用される可能性が高いと言われているわけです。

 

諸崎浩幸としては、紅白の威厳も低下していっている中で、こうした話題性のある人物をどんどん起用していくことが大事なのかなとは思います。これぞ紅白!と言えるくらいに良い意味で伝統をぶち破っていって欲しいです。そして昔のような圧倒的な視聴率が戻ってきて欲しいですね。

諸崎浩幸と緊急速報メール

諸崎浩幸は台風には敏感です。

家が壊れたらどうしようというのがあるからです。そんな台風16号が関西に接近した9月の20日ごろ、神戸新聞社では携帯電話が一斉に鳴り響いたとのことです。

 

これは、この地域に住んでいる人に対して一斉に送信されるものですから、個人レベルでの送信がされるというものではありません。全員に送信されるものですから、このような結果になったと思われます。

 

諸崎浩幸としては、この仕組みに関しては大いに賛成です。誰も漏れることなく一斉送信なわけですから、いざ届いていなかったから避難できなかったという事態を避けることが出来るわけです。危ないという知らせを受け取って損をする人はいないわけですから、今後もこうした仕組みはなくさないで欲しいですね。